土佐鍛冶 松本正忠作 青鋼細身剣鉈 210-ナイフ

土佐鍛冶 松本正忠作 青鋼細身剣鉈 210-ナイフ

土佐鍛冶 松本正忠作 青鋼細身剣鉈 210-ナイフ









土佐の名門鍛冶「松本刃物」伝統工芸士の松本志津夫氏と、三代目松本孝氏が、丹念に鍛え上げ細身剣鉈です。

細身で先端が鋭く刺突性に優れ、狩猟の際の止め刺しにもぴったりの剣鉈。

鋼には切れ味が鋭く、強く長切れする青二鋼を使用、その鍛えられた鋼は大変美しい輝きを放っています。
また、裏には血抜きの樋が入っています。

狩猟や、渓流釣りのお供に、アウトドアナイフとして、幅広い用途にお使い頂けます。

全長365mm、刃長210mm、刃巾28mm、刃厚5.5mm、重量325g、青二鋼両刃、木鞘付

※手造り品ですので、細かい仕様などは出来上がり時により変わることがございます。
どうぞご了承ください。

●正当な理由なくこの商品を携帯することは法令により禁止されております。
●18歳未満の方はこの商品を購入しないようお願いします。

日程 8月4日(木)・12日(金)・23日(火)
時間 11:00~ /    14:00~(40分程度)
場所 太田記念美術館 視聴覚室(B1)
参加方法 申込不要 参加無料(要入場券)

土佐鍛冶 松本正忠作 青鋼細身剣鉈 210-ナイフ

特別展

土佐鍛冶 松本正忠作 青鋼細身剣鉈 210-ナイフ

9月5・12・20・26・28~30日/10月3・11・17・24日は休館となります。

  • 江戸文化歴史検定